SAVOIR VIVRE (サボア・ヴィーブル)個展

SAVOIR VIVRE(サボア・ヴィーブル)個展
2011年 9月7日(水)〜15日(木)


手前から:刷毛目6寸皿(シラカバホワイト)/黄刷毛目6寸皿/緑粉引モッコ皿

東京、六本木にあるデザインをしている人ならよく知っているAXISビル。
デザイン誌「AXIS」の発行もここです。
このビルにはデザイン性の高い企業が多くテナントに入っています。
1階のキッチン用品や暮らしのアイテムなどを扱っている「リビング・モチーフ」。
3階には憧れの照明機器の「ルイスポールセン」。
また、デザインの可能性を探るAXISギャラリーなどもあります。
 ここで、長年に渡って現代作家の食器を扱って来たのが
「SAVOIR VIVRE (サボア・ヴィーブル)」です。
 その歴史は33年にもなるそうです。

このサボアヴィーブルでの工藤和彦の個展は2002年から毎年の開催で
めでたく今回で10回目となりました。
こんなに長く、この素晴らしいステージに耐えられたのには
自分でもビックリしています。
ご指導、支えてくださった皆様のお陰です。感謝。

今回の個展ではシラカバの灰を使った粉引「シラカバホワイト」
粉引きの技法を利用した「緑粉引」のうつわを発表したいと思います。

 8日、9日、10日、11日は13:00から19:00まで
ギャラリーに在廊しています。

Works
約300点

Place
営業時間  11:00〜19:00 
 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 3F
 TEL 03-3585-7365
 
<< 子供の創造とアール・ブリュット | main | 「シラカバホワイト」の誕生! >>