ニューヨーク5人展 Sara Japanese Pottery

期間:9月15日(木)〜9月17日(土)
場所:Sara Japanese Pottery
   950 Lexington Avenue, New York, NY 10021
   tel (212) 772-3243
   Open: Monday - Friday 10am-7pm
       Saturday 12pm-6pm

暮らしのうつわ花田の企画展がニューヨークで開催されます。

場所はマンハッタンで20年にも及ぶ、うつわの専門店「Sara Japanese Pottery」です。

出展作家は工藤和彦、村田森さん 、岸野寛さん、余宮隆さん、雪ノ浦裕一さんの5人です。

5人の作家のうち、工藤和彦のみニューヨークの会場に期間中在廊いたします。

薪窯で焼成した大皿や酒器、茶碗の他に、定番中の定番の黄粉引片口鉢などを展示販売いたします。

 

工藤はアメリカ本土にはまだ行ったことがありません。

アメリカのお客様がどのように私のうつわを評価してくださるのか楽しみです。

先だって、海外の方達に向けて分かり易いように工藤和彦の制作風景を動画にて撮影して頂きました。

YOUTUBEでどなたでもご覧頂けます。

新しいチャレンジが始まろうとしています。

 

youtube-logo-full_color-1 index

 

 

Sara Japanese Pottery
950 Lexington Avenue, New York, NY 10021
tel (212) 772-3243
Open: Monday - Friday 10am-7pm
Saturday 12pm-6pm
WEB
<< 工藤和彦 作陶展 器とその周辺 山椒(弟子屈) | main | Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout. >>
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
工藤和彦 蝦夷のうつわ展
ウラヤマクラシテル【旭川】
8月31日〜10月8日



カレーとカレーのためのうつわ展
阪急うめだ本店(大阪)
8月29日〜9月4日




《今後の個展/企画展情報》
  • 企画*ギャラリープルプル(旭川)
    『プルプルのおくりもの展』
    9月8日〜11月3日
  • 企画*SARA(ニューヨーク)
    9月20日・21日・22日
  • 企画*ポエティカ工芸展(北海道・長沼町)
    9月21日〜29日
  • 企画*山椒(北海道・弟子屈)
    『和菓子とお茶のうつわ展』
    10月6日〜14日
  • 企画*アートスペース油亀(岡山)
    『カレーのためのうつわ展』
    10月6日〜11月4日
  • 企画*三溪園(横浜)
    『手仕事に遊ぶ錦秋』
    10月12日〜14日
  • 企画*若王子倶楽部左右(京都)
    10月18日〜29日
  • 企画*GRIS(札幌)
    『和菓子とお茶のうつわ展』
    10月24日〜29日
  • 個展*ギャラリー庵(茨城)
    11月1日〜19日
  • 個展*ギャラリー天心(兵庫)
    11月1日〜10日
  • 個展*鉄の扉(仙台)
    11月15日〜21日
  • 企画*アートスペース油亀(岡山)
    『朝ごはんオーケストラ』
    11月23日〜12月25日

  • ーーーー2019年ーーーー

  • 企画*暮らしのうつわ花田(東京)
    1月下旬
  • 企画*アートスペース油亀(岡山)
    『コーヒーのための器展』
    2月9日〜3月24日
  • 個展*花のアトリエこすもす(金沢)
    3月9日〜17日
  • 個展*仙台三越美術画廊(仙台)
    3月27日〜4月2日
  • 個展*ギャラリー唯(京都)
    4月下旬から5月上旬
  • 個展*西武池袋美術画廊(東京)
    6月5日〜11日
  • 個展*たいせつ倶楽部(北海道:上川町)
    6月12日〜23日
  • 個展*ギャラリー集(兵庫)
    6月15日〜23日
  • 企画*粋人館(北海道:愛別)
    8月10日〜12日
  • 個展*札幌三越美術画廊(札幌)
    9月17日〜23日
  • 個展*アオキ画廊(小田原)
    10月30日〜11月4日
  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事