器と花の響演「蝦夷と雅」展 (北海道・愛別町)

期間:8月11日(木)〜8月14日(日)
場所:粋人館母屋
   〒0781405
   北海道 上川郡愛別町字本町174番地
   tel 01658-6-5077
   営業時間 11:00〜18:00



旭川の隣町の愛別町にある、そば割烹のお店、「粋人館」の母屋での展覧会です。
「粋人館」は愛別産のそばと、関西で腕を磨いた塩谷料理長の創作料理がリーズナブルな料金でいただけます。

お料理には工藤和彦の制作したうつわもお使い頂いているのですが、高価な骨董のうつわも惜しみなく使っていますので、うつわ好きにはたまりません。
贅と工夫を凝らした内装も素晴らしく、北海道の中で最も「雅」な空間を作り出しています。

「北海道=大自然」といった捉え方が一般的で、「雅」とは縁がないように感じてしまいますが、北海道にも「雅」な世界を発見することが出来ます。
例えば、冬の釧路川での丹頂鶴の舞はどうでしょう。
北海道だからこその、優雅で気品のある光景はすぐそばに見つけることができるのかもしれません。

この展覧会は、愛別町出身の矢部慎太郎さんが作り上げた「粋人館」を舞台に「蝦夷の雅」を見つけ出す、実験的な展覧会となります。
今回は、金沢から花人の角島泉さんが、北海道で様々な草花を採取して、工藤和彦のうつわに活けてくださいます。


会場ではうつわの即売もいたします。
また、会場の隣ではお食事ができます。(ランチ11:30〜14:00  ディナー17:00〜21:00)
ごゆっくりおくつろぎください。
会場には会期中、工藤がおります。 

粋人館母屋 (入場無料)

〒0781405
北海道 上川郡愛別町字本町174番地
tel 01658-6-5077
営業時間 11:00〜18:00
WEB

 

<< 工藤和彦個展 はこだて工芸舎(函館) | main | 工藤和彦うつわ展 ギャラリー天心 >>