工藤和彦作陶展 ギャラリー集(兵庫)

期間:6月11日(土)〜6月19日(日)
場所:ギャラリー集
   〒676-0805
   高砂市米田町米田40-5KITANO-HOUSE E号
   TEL 090ー1480-4270
   営業時間 am 11:00 - pm 6:00
<ご挨拶>
ギャラリー集 店主より
「太古の土を炎に委ねて」
北海道北部の広大な牧草地。
シャベルを手に土を掘る。
大地と空が 近い。
ここが、工藤さんの器の故郷だ。
30センチも掘れば、二億年前 の黄砂の地層が顔を出す。
4万5千年前から、貿易風に乗ってやって 来た太古の土。
あまりにも長い古の時は、まるで凍結していたかの様 に身近な自然に眠る。
移住して23年、土と格闘し続けて8年目に、器 になった。
蹴ろくろのリズムがカタチを創る。テーブルの器は皆、大地 の息吹だ。
念願の登り窯を据え、薪の炎で土を焼く。まだ処女作の器 は、どこかぎこちなく素朴な強さを感じさせる。
私は、カメラのファイン ダー越に、‘縄文スピリッツ’を感じた。
確かアイヌの祖先は、縄文人 だと聞く。都会から移住した青年は、開拓者の様に大地に根付き、 土と炎を操る術を磨く。
とても楽しみだ。
唇に手に触れる度、太古の 時に思いを馳せる。
人気の食器に加え、薪窯の花器や茶盌等、土の 豊かな表情をお楽しみ下さい。

※作家在廊日 6月11日、12日
 
ギャラリー集
〒676-0805
高砂市米田町米田40-5KITANO-HOUSE E号
TEL 090ー1480-4270
営業時間 am 11:00 - pm 6:00
WEB
<< アートスペース油亀企画展「そば猪口のススメ」に出品しています。 | main | 「工藤和彦のうつわ展」レセプションパーティーを開催します。 >>