「風水土のしつらい展」に出展!

期間:5月13日〜18日
場所:大阪梅田大丸 大丸ミュージアム



風水土のしつらい展に出展します。
この風水土(ふうすいど)のしつらい展は自然素材やアジアの地域文化にこだわりを持った作家、コーディネーター達のマーケットです。
出展している作家さんはどなたも個性的で、それぞれが独自の世界観、価値観を持って仕事に関わっておられます。
作家として何度かこのイベントに参加していますが、作家同士の考え方はそれぞれありますが、根底では何かしらの共通点があるもので不思議な一体感を感じれるところは他の催事では見当たらない面白いところです。

このイベントに参加させて頂くことで僕は多くのことを学ばせて頂きました。
多種多様な考えを持つ作家さんたちとのふれあいが楽しい催しです。
全日、工藤も会場におります。お気軽に遊びにいらしてください。

そして注目のワークショップも盛りだくさんです。
どれも人気なので定員はすぐにいっぱいになります。
お早めにご予約ください。


★「風水土のしつらい展」レクチャー・ワークショップ 2015.5

5月13日(水)

仝畫11時30分〜・12時30分〜 ワークショップとお話
胡麻のアトリエ 丸瀬和憲「マイ胡麻油をしぼろう♪」
胡麻農家さんと生の胡麻油をしぼる。
参加費1080円 定員6名×2回 申込制
(持参いただくもの無し)

午後3時30分〜 講演
譽田屋十代目 山口源兵衛「源兵衛物語り」
我が国本来の繊維、大麻の復活を期待して。


5月14日(木)
午前11時30分〜 ワークショップ
中島留彦「ベンガラで器を塗る」
参加費 1人2160円(テキスト、材料費材込み) 定員10名 申込制
土から採れる塗料ベンガラを用います。
※エプロンとゴム手袋を各自でご用意下さい。

午後1時30分〜 講演
ナチュラル・ハーモニー 代表 河名 秀郎
「日本発! 自然と調和した暮らし」

午後4時30分〜 ワークショップとお話
真砂三千代「布から衣へ」
お話と巻き付けとモデルによるパフォーマンス
出演:ミナル、TOMOHIRO


5月15日(金)
午前11時30分〜 映像とお話
牧喜代子 「畑から生まれる布」
ラオス・・・棉を育て、紡ぎ、染め、織る。

午後3時30分〜 ワークショプ
池原美智子 「石垣島の月桃の鍋敷き作り」
島に自生する多年草月桃(サンニン)を使って。
参加費 1080円 定員10名 申込制
※ぞうきんとエプロンを各自でご用意下さい。


5月16日(土)午前11時30分〜
身衣(MIGOROMO)ショー
現代の東洋服「身衣(MIGOROMO)ファッションショー」
民族楽器の生演奏にのせて出展作家がモデルになりご紹介。
出演:ミナル、チェ・ジェチョル、ArisA ほか

午後3時30分〜
「音と舞」
韓国の太鼓/チェ・ジェチョル
舞/ミナル 唄/Arisa ほか


5月17日(日)
午後1時〜 お話と映像
二名良日「『植物』の『輪』の『謎』?!」
世界中の民族に植物を輪にする習慣が。その謎に迫る。

午後4時 舞踏ワークショップ
田中誠司 「肉体と空間との切実なる関係」
経験は一切不要。ぜひ未知なる体に出会って下さい。
参加費2160円 定員12名 申込制
※動ける服装でお越しください。

5月18日(月)
午後1時〜 対談
辻岡醸造 倉田茂樹 × ナチュラル・ハーモニー 森山晃吉「醗酵文化」
日本の風土に根づく醗酵食についてお話を。

予約・お問い合わせ (大丸百貨店) 
TEL 06-6343-1231 
 
<< 東日本大震災から4年 | main | 豆皿 豆鉢 小さな物 展 >>
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
個展*ギャラリー天心(兵庫)
10月30日から11月9日




《今後の個展/企画展情報》
  • 企画*暮らしのうつわ花田(東京)
    2020年1月下旬〜
  • 企画*ウラヤマクラシテル(旭川)
    2020年4月中旬〜
  • 個展*ギャラリー唯(京都)
    2020年4月28日〜5月17日
  • 個展*西武池袋アートギャラリー(東京)
    6月3日〜6月9日
  • 企画*ウラヤマクラシテル(旭川)
    2020年7月中旬〜
  • 個展*札幌三越アートギャラリー(札幌)
    11月17日〜11月23日
  • 企画*ウラヤマクラシテル(旭川)
    2020年9月下旬〜
  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事