7人の粉引のうつわ展 はこだて工芸舎企画展

期間:2013年10月4日(金)〜10月15日
場所:はこだて工芸舎 元町ハウス
   函館市元町32-5 TEL:0138-22-7706


(黄粉引7寸皿)

もともと「粉引」は朝鮮半島で15世紀から16世紀に焼かれたもので、白い泥を粘土の上に施して、その後、釉薬をかけて本焼したものです。
当時の日本の茶人達に好まれ、その白さが磁器などの白さと違い、乳白色の温かみがあって、まるで石臼で挽いた粉の表情を彷彿させるというところから、「粉引」と呼ばれるようになりました。

もともと、白いうつわのイメージが強い「粉引」ですが、現在では工藤和彦の「黄粉引」のように、粉引の手法を使って様々なうつわが作られるようになってきました。
今回、粉引展とはなっていますが「化粧土を使ったうつわ」というような解釈で幅を広げています。

今展では7名の作家の粉引のうつわが揃います。
是非ご覧になって下さい。

出展作家 工藤和彦 エムヤム 栢野紀文 清水しおり 堂前守人 雪ノ浦裕一 脇山さとみ

<< ギャラリープルプル企画「6LIFE」 | main | うつわ土土路 工藤和彦個展 (東京・目白) >>
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
個展*ギャラリー天心(兵庫)
10月30日から11月9日




《今後の個展/企画展情報》
  • 企画*暮らしのうつわ花田(東京)
    2020年1月下旬〜
  • 企画*ウラヤマクラシテル(旭川)
    2020年4月中旬〜
  • 個展*ギャラリー唯(京都)
    2020年4月28日〜5月17日
  • 個展*西武池袋アートギャラリー(東京)
    6月3日〜6月9日
  • 企画*ウラヤマクラシテル(旭川)
    2020年7月中旬〜
  • 個展*札幌三越アートギャラリー(札幌)
    11月17日〜11月23日
  • 企画*ウラヤマクラシテル(旭川)
    2020年9月下旬〜
  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事