ウラヤマクラシテル オープンします


「ウラヤマクラシテル」

6/17(土)オープンのお知らせ


陶芸家として北海道の大地から粘土を掘り出し、うつわを作り続けて20年の歳月が経ちました。

北海道の自然と向き合ってモノを作り続けられる仕事と出会えたことに、私は日々感謝しています。

旭川市の北部に位置する森の中に、誰からも忘れ去られたように建っていた「旧旭川温泉」に移り住んだのが2002年。

少しづつ自力で、荒れたこの土地の環境を整え、建物をリノベーションし続けてきました。

宴会場はロクロ場に、大浴場は登り窯へと変貌しています。

こうして、これまで地道に続けてきました「旧旭川温泉改造計画」が、今年6月17日に一つの節目を迎えます。

「旧旭川温泉」という過去の名称ではなく、「ウラヤマクラシテル」という名称として生まれ変わります。

「ウラヤマクラシテル」とはその名の通り「裏山で暮らしてる」ということです。「人」は「自然」を崇拝し、多くを学び、良くも悪くも掴み取ってきました。「裏山に暮らす」というのは、そういうことが身近に体験できる環境でもあります。北海道では、なおさらです。

私はこの「ウラヤマクラシテル」を自然と向き合った「人」「モノ」「ART」「文化」を紹介、発信する拠点として発展させていきたいと考えています。私たちはもっと自然や風土というものを知る必要があるのではないかと思うからです。

現在、陶芸家工藤和彦の陶器作品を中心にした展示をしているギャラリースペースと共に、中田竜明氏によって薪窯で焼かれた天然酵母パンの「ウラヤマベーカリー」を設置いたしました。

まだまだ整備が整いませんが、「ウラヤマクラシテル」においでいただき、「ウラヤマ体験」を楽しんで頂けたら嬉しいです。

ウラヤマクラシテル代表・陶芸家 工藤和彦


ウラヤマクラシテルのホームページ

http://urayama.org/


『オープニングイベントのお知らせ』

旅の音楽家「丸山祐一郎&こやまはるこ」オープニングコンサート

日時:6月17日 14:00 – 15:30

デュオで奏でるガットギターは心地よく、優しい音色。

民族楽器や自作の楽器を駆使した即興的な演奏は見事です!

子供から大人まで楽しめます。

入場無料 (椅子は数に限りがあります。)


工藤和彦個展 此方(厚真町)

期間:5月20日(土)-5月29日(月)
場所:「此方」こち
   北海道勇払郡厚真町字豊沢240-80
   フォーラムビレッジ
   tel.0145-29-7920
   営業時間 10:00〜17:00
   火曜日・水曜日定休

厚真町の古民家に知る人ぞ知るパン屋があります。
店主は高田さん。札幌では「高田パン」として知られていました。
厚真町に移転して2年目。 地元にも愛されるパン屋になったようです。

 


パン屋「此方」(こち)は古民家の中にあり、厚真町民ゆかりの地、富山の建築様式の建築物で、町が移築したものです。

重厚な造りの中で営業しているのが「此方」です。
時代を刻んできた建物だけあって、雰囲気がなんとも言えません。
うつわが妙に馴染みます。
こういう空間でうつわを眺めると幸せな気分です。


是非、天気のいい日に足を伸ばして尋ねてみてください。
高田さんのライ麦パンは深い味わいで好きです。

 

「此方」
北海道勇払郡厚真町字豊沢240-80
フォーラムビレッジ

tel.0145-29-7920
営業時間 10:00〜17:00
火曜日・水曜日定休
WEB

 

工藤和彦個展 北の住まい設計社(東川町)

期間:5月27日(土)-6月11日(日)
場所:北の住まい設計社 東川ショールーム
   北海道上川郡東川町東7号北7線
   tel.0166-82-4556
   営業時間 10:00〜18:00 水曜定休
北の住まい設計社は家具メーカーとして知られ、北海道らしいものづくりによって愛好者が多くいます。
この度の個展では「花をいける」をテーマにしたいと思います。
北海道はエゾヤマザクラの開花が終わると、植物が一気に成長する躍動の季節となります。
僕は草刈りの日々が続きます。 暮らしの中で、気になる草花をしばしば見つけます。
目が合うとでもいいましょうか、、。 それを摘んで「いける」。
僕はこういう日常の動作に尊さを感じます。
この度の個展では小ぶりな花入から、大壺までが揃います。
展覧会中はしばしば工藤が花をいけますので、そちらもお楽しみ下さい。
 
北の住まい設計社
東川ショールーム

北海道上川郡東川町東7号北7線
tel.0166-82-4556
営業時間 10:00〜18:00 水曜定休

工藤和彦作陶展 ギャラリー唯(京都)

期間:5月2日(火)-5月7日(日)
場所:ギャラリー唯
〒606-8344
京都市左京区岡崎円勝寺町91
岡崎神宮道グランドヒルズ1階
TEL 075-752-0348
午前11時〜午後5時30分

 

 

(黄粉引輪花7寸皿と白樺刷毛目8寸たわみ皿)

 

京都岡崎公園近くの「ギャラリー唯」で毎年、ゴールデンウィーク期間に開催する工藤和彦作陶展は年を重ねて、恒例行事となってまいりました。


京都市内や関西方面のお客様とお会い出来る貴重な機会となっております。


僕は18歳から22歳までの5年間を滋賀県信楽町で過ごしましたので、長いお付き合いをさせて頂いている方々に、ご覧頂けるのはもちろんですが、ギャラリーの所在が平安神宮、京都国立博物館や市立美術館、動物園などの文化施設の近くにあるので、旅行中にふらりと覗かれる観光客との新しい出会いもあることがとても嬉しいです。


今回の展覧会では近年取り組んでいる「菊皿」や「茶碗」「花入」など多数展示販売いたします。もちろん、定番のうつわもご用意いたします。


開催期間は例年の半分となりますが、期間中は毎日工藤が会場におります。
ぜひお気軽においで下さい。

 
ギャラリー唯
〒606-8344
京都市左京区岡崎円勝寺町91
岡崎神宮道グランドヒルズ1階
TEL 075-752-0348
午前11時〜午後5時30分
WEB

 

白樺ホワイト ポットとマグカップ

北海道の「白樺」。
"White birch" of Hokkaido.
 
白く清い、そしてたくましい。
It is white, pure, and strong.
 
その精悍なイメージを陶器にしました。
I made that image a pottery.
工藤和彦作陶展 
期間:4月5日(水)-4月11日(火)
場所:西武池袋本店 アートギャラリー
 
Kudo Kudo Ceramic Art Exhibition
Period: Wednesday, April 5 - Tuesday, April 11
Location: Seibu Ikebukuro Main Store Art Gallery

 

Kazuhiko Kudo Ceramic Exhibition (Tokyo)

Period: Wednesday, April 5 - Tuesday, April 11
Place: Seibu Ikebukuro Main Store Art Gallery

1-28-1 Minami Ikebukuro Toshima-ku, Tokyo
Seibu Ikebukuro 6th floor (center B7)
Tel: 03-3981-0111


[Monday - Saturday] 10 am - 9 p.m.
[Sundays / Public Holidays] 10 am - 8 p.m.

 

I live in Asahikawa city, Hokkaido.
I dig a clay of Hokkaido and I make ceramics by traditional Japanese method.
We will exhibit and sell tools for living such as vases, plates, pots, cups, bowls etc.
Please take it one by one and see it.

 

工藤和彦作陶展 西武池袋本店 アートギャラリー(東京)

期間:4月5日(水)-4月11日(火)
場所:西武池袋本店 アートギャラリー
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 6階(中央B7)
Tel:03-3981-0111
■本館・別館 
   [月〜土]午前10時〜午後9時
[日・祝休日]午前10時〜午後8時

器:粉引曽呂利  花:姫辛夷 福寿草

 

池袋西武本店での個展は昨年の初個展から今回で2回目となります。

東京都内の一等地で、これだけ広いスペースで個展をさせて頂けるのはとっても光栄なことです。

それだけに身が引き締まります。

 

人気の定番の作品から、新作の輪花の皿や薪窯焼成した花入れなど多様に展示販売いたします。

最新作のポットや土瓶は大振りなものもあって、春を迎えてのティーパーティーに活躍すると思います。

是非ご高覧ください。

会期中、工藤和彦が在廊しております。

(毎日18時30分頃まで)


西武池袋本店 アートギャラリー
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 6階(中央B7)
Tel:03-3981-0111
■本館・別館 
[月〜土]午前10時〜午後9時
[日・祝休日]午前10時〜午後8時
WEB

 

 

インタビュー 工藤和彦×雪ノ浦裕一 2人展 

 

工藤和彦 雪ノ浦裕一さんとの2人展でのインタビュー映像が公開されています。是非ご覧ください。こちら

 

工藤和彦×雪ノ浦裕一 二人展 暮らしのうつわ花田

期間:1月25日(水)-2月4日(土)

場所:暮らしのうつわ花田

   〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5九段ビル1・2階
Tel:03-3262-0669
Fax:03-3264-6544
午前10時30分〜午後7時

新年のご挨拶 工藤和彦

2017年

謹賀新年

あけまして

おめでとう

ございます。

 

 

マイナス20度の世界で窯焚きをしてみました。

夏は温かくて汗だくですが、さすがに真冬は寒くて震えました。

居眠りしたら凍死する可能性すらある緊張感の中の窯焚き、、、、。

北海道ならではの窯焚き風景です。

 

何事もまずは怖じけずにやってみる。

そして、トコトン飽きずにやり抜いてみる。

それを心情にこれからも「北海道のやきもの」を探って参ります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

<2017年 展覧会のご案内>

期間:1月25日(水)-2月4日(土)
場所:暮らしのうつわ花田
   〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5九段ビル1・2階
Tel:03-3262-0669

 

工藤和彦×雪ノ浦裕一 二人展 暮らしのうつわ花田

期間:1月25日(水)-2月4日(土)
場所:暮らしのうつわ花田
   〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5九段ビル1・2階
Tel:03-3262-0669
Fax:03-3264-6544
午前10時30分〜午後7時
 

 

 

旭川で作陶している工藤和彦と旭川出身で岩手県で作陶している雪ノ浦さんとの北国2人展です。

3度目の展覧会ですが、いつも作風の違いはあるものの、同じような北国の風土を感じ取れるのが不思議です。

日本のやきものは、土地の風土が色濃くでている点が、諸外国のやきものと大きく違います。

北国らしい日本のやきものを試行錯誤で突き進む二人のガッツをどうぞご覧ください。

 

工藤和彦は今回、京焼きに伝わる菊形の皿に取り組みます。

一般的に5寸(15センチ)までのサイズが多い菊形皿ですが7寸(21センチ)のものに挑みます。

このサイズの成形を北海道の粘土でこなすのは非常に難しく、現在、成功率は20%です。

いくつ作れるか分かりませんが出来るだけご用意できるよう励みます。

登り窯での焼成も4回目をこなし、酒器や花器にもバリエーションが出てきました。

是非こちらもお楽しみください。

 

25日、26日は工藤が会場におります。
 

暮らしのうつわ花田
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5
九段ビル1・2階
Tel:03-3262-0669
Fax:03-3264-6544
URL:www.utsuwa-hanada.jp
e-mail:webmaster@utsuwa-hanada.jp
午前10時30分〜午後7時
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

《今後の個展/企画展情報》
  • 個展*だいせつ倶楽部 (上川町・北海道)
    6月14日〜25日
  • 粋人館 (愛別町・北海道)
    8月中旬
  • 個展*D&DEPARTMENT(札幌・北海道)
    8月15日〜10月1日
  • 個展*はこだて工芸舎(函館)
    9月8日〜9月19日
  • ニューヨークSARA企画展(NEWYORK)
    9月14日〜9月16日
  • 個展*仙台三越美術画廊 (仙台)
    9月20日〜9月26日
  • 三渓園 企画展 (横浜)
    10月5日〜10月7日
  • 個展*花のアトリエこすもす(金沢)
    10月28日〜11月5日
  • 個展*三越札幌美術画廊 (札幌)
    12月12日〜12月18日
  • 暮らしのうつわ花田企画展(東京)
    2018年
  • 三越名古屋栄美術画廊(名古屋)
    2月21日〜27日
  • 西武池袋美術画廊(東京)
    6月6日〜12日
  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事